情熱

フェラーリは、同社が初めて実施する新たなソーシャル・メディア・キャンペーンにおいて、重要な質問を皆さまに1つだけ投げかけます。それは、「歴代フェラーリ・モデルの中で、あなたにとってのお気に入りの1台は何ですか?」というものです。

革新を追求し続けるフェラーリの姿勢、それは創業者自身の言葉に何よりもはっきりと表れています。「歴代最高のフェラーリ・モデルは次の1台である」という言葉です。 


エンツォは1947年3月12日、処女作となる真のフェラーリ・モデル「125 S」を世界に向けて発表しましたが、すでにその時点においては、3か月後に登場することとなった159 Sのことを考えていました。この159 Sは、その後166 Sに取って代わられることとなるレーシング・マシンです。そして166 Sの登場は、フェラーリ初のオンロード・グランド・ツアラーである166 Interの開発へとつながります。つまり、フェラーリの革新は途切れることがないのです。

ミッド・エンジンのツイン・ターボチャージャー付きV8 Ferrari F40 は、お気に入りの跳ね馬のどこにありますか?

すべてのデザインを進化させる努力は、この70年の間に実に興味深い、個性的なモデルを生み出しました。1950年代には、コロンボやランプレディのV12エンジンを搭載した大型のグランド・ツアラーが、1960年代にはスポーツ・プロトタイプの影響を受けた各種のモデルが、そして70年代にはミッドシップのエンジン・レイアウトを採用した各種の傑作が生み出されてきたのです。そして、ハイブリッド技術を採用する296 GTBやSF90 Stradaleは、この流れを汲んで誕生した、現時点における最高峰のモデルです。


こうした中、フェラーリは今回初の試みとして、フェラーリの忠実なファンに各年代のモデルからお気に入りの1台を選んでいただくことにしました。 最も速いとか高価であるということだけにこだわるのではなく、デザイン、革新性、パフォーマンス、さらにはサウンドが、あなたのマインドを最も刺激するモデルを選んでいただきたいと考えています。   


このキャンペーンは、フェラーリの公式ソーシャル・メディア・チャンネルにおいて、3月8日より開始いたします。インスタグラム・チャンネルにおいて各年代のモデルの中から最もお好きな1台を選んでいただくことにより、ファンの皆さまに真の「Hall of Fame(殿堂)」を築いていただきます。


各年代のモデルを選ぶにあたっては、1週間の投票期間を設けます。そしてその期間中に、準々決勝、準決勝、決勝と選考が進められます。


最初に投票が行われる年代は無作為に選ばれます。この特別なキャンペーンは、フェラーリの公式インスタグラム・アカウントにアクセスするだけでご参加いただけます。