車輌

フェラーリは、その75年の歴史において、4ドア4シーターのモデルを初めて発表しました。巨大なパワーと革新的なスタイリングを融合させた1台です。

大きな期待が集まる中、フェラーリはパフォーマンスカーの世界的状況を一変させるべく、パワフルな走りを披露するPurosangueを発表しました。パワーユニットには自然吸気のV12エンジンを搭載。跳ね馬の最もパワフルなスポーツカーとして数々の特徴を備えつつも、今回は実用性が引き上げられたうえにドライビング・ポジションも高くなっています。


このFerrari Purosangueは、フェラーリのDNAを宿した革新的なゲーム・チェンジャーです。そんなFerrari Purosangueを発表するにあたり、ピサのラヤーティコにあるテアトロ・デル・シレンツィオは、絶好の場所であったと言えます。


「サラブレッド」という意味のイタリア語でネーミングされたこのFerrari Purosangueは、長年にわたり噂と憶測の的となってきました。一般の人々やメディアは、どちらもマラネッロが隠し持っているものを推測してきたのです。

Ferrari Purosangueは、ゆったりとしたスペースと同社の有名なパフォーマンスを融合させた、フェラーリ史上初の4ドア4シーターです

その答えが、今、ここにあります。四輪駆動、フロント・エンジン、さらにはクロスオーバー・セグメントにおいて他を凌駕する強力なパワー、これらを特徴とするFerrari Purosangueです。エアロダイナミクスにこだわって設計されたこのモデルには、数々のイノベーションが取り入れられています。最新の車両ダイナミック・コントロール・システムもそのひとつですが、マルチマティック社のトゥルー・アクティブ・スプール・バルブ(TASV)システムを採用したアクティブ・サスペンション・テクノロジーを、フェラーリはこの車で世界デビューさせました。


Ferrari Purosangueのデザインに関しては、話題になりそうな特徴のひとつに、ウェルカム・ドアと呼ばれるヒンジ式の後席用ドアがあります。このドアを採用したことにより、車体を大きくしなくても、乗降性を可能な限り高めることができました。この他、フェラーリ史上最大のトランクを有している点や、前後シート・ヒーターおよびブルメスター製ハイエンド・オーディオ・システムを標準装備としている点も見逃せません。

コンパクトなデザインはそのままに、後部ドアをヒンジ式とすることで、乗り降りしやすくなっています

パフォーマンスの高さを示す数値はどれも際立っています。0-62 mph加速のタイムはわずか3.3秒、0-125 mph加速も10.2秒という驚異的な速さで駆け抜けます。6.5リッターのV12エンジンは、止めどないほどのパワーをドライバーの右足操作で引き出せるよう、入念に設計されています。また、8速デュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせるとともに、812 Competizioneのシリンダー・ヘッドを採用している点も特徴です。エンジンが生み出すサウンドには、唖然とするほかありません。


フェラーリがFerrari Purosangueを設計する際に重視したのはサステナビリティーです。実際、この車のローンチ・トリムは、その85%がサステナビリティーに配慮して生産されたものとなっています。ファブリック製のルーフ・ライニングには再生ポリエステルを、カーペットには漁網から再生されたポリアミドを、そして新しいAlcantara®にも再生ポリエステルを使用しています。

高級な素材とスペースに囲まれ、ドライバーもパッセンジャーもスリリングな体験ができるよう、インテリアは注意深くデザインされています

同時にFerrari Purosangueのインテリアは、快適性とエレガンスにフォーカスし、高級な素材と驚きの空間を融合させたものとなっています。


コックピットはSF90 Stradaleから着想を得た仕上がりとなっていて、フェラーリのスポーツカーが有する独自のDNAを受け継いでいます。一方、助手席にはパフォーマンスの値を表示する、10.2インチの専用スクリーンが備わっているため、同乗者はドライビング体験に没頭することができます。


このサイズおよび形状の車両においてはまったく前例のないハンドリングとパフォーマンス、そしてフェラーリのGTカーを象徴する個性的なスタイリング、これらを融合させたFerrari Purosangueは、まさに他に類を見ない1台であると言えるでしょう。

13 settembre, 2022