レース

今週末、マイアミ・インターナショナル・オートドロームに伝統的なレッドのスクーデリアのF1-75が姿を見せます。しかし、1964年には、フェラーリはまったく異なる色のマシンを送り出していました……
文:ロス・ブラウン

イモラはすでに遠い昔の記憶となりました。今週末、コンストラクターズ・スタンディングスは11ポイント、ドライバーズ・スタンディングスは27ポイントのリードを保ったまま、フロリダ州にスクーデリアが姿を見せます。


シャルル・ルクレール/カルロス・サインツ組は表彰台を狙い、F1-75が高い信頼性と猛烈なスピードを証明することになるでしょう。2022年のF1スケジュールに新たに加わったマイアミ・インターナショナル・オートドロームで、スクーデリアが308.37 kmの純粋なレーシングのチャンスをものにすることは確実視されています。

1964年アメリカGPのワトキンズ・グレン・サーキットにて、ブルーとホワイトのFerrari 158のジョン・サーティース

結果はともかく、いつもアメリカがフェラーリにとって追い風となったことは事実です。これは、北米レーシング・チームを率いる、野心と決意あふれるルイジ・キネッティに多くを負っています。


キネッティはイタリアの耐久レーサー兼企業家で、第二次世界大戦が始まるとニューヨークに移住し、ここに留まることを決意しました。結婚して息子をもうけ、アメリカの裕福なレーシング界に順応し始めました。

レーシング・ドライバーとして、チネッティ(左)は、フェラーリ車を販売していた裕福なレーシング・コミュニティに対してと同じように、トラック上でドライバーとともに打ち解けていました

1946年、ヨーロッパに戻り、言い伝えによるとモデナでエンツォ・フェラーリと記憶に残るクリスマスイブをすごし、どのようにして戦後の成功を築いていくか、話し合ったということです。エンツォにとって、未来は明確でした。それは、V12 125 Sでレーシングに復帰することでした。キネッティにとって、これはまたとないチャンスでした。ヨーロッパで最も速く最も美しい車を、新しい友人たちに売ろうと考えていたからです。アメリカの顧客向けの、フェラーリ独占代理店になろうとしていたのです。


この新しいパートナーシップの一環として、マラネッロから大西洋を越える最初の跳ね馬として166 MM Barchettaが輸出され、ついで166 Corsa Spiderが輸出されましたが、どちらもアメリカに到着する前に売れてしまいました。これで道筋がつき、次にキネッティがすべきことは、フェラーリこそが所有すべき唯一の車であることを、この新しい市場に説得することだけでした。このための最速の道は、レースで優勝することだということを、キネッティは知っていました。

1964年のアメリカGP:写真の中央にジョン・サーティースのブルーとホワイトのフェラーリ。 彼のチームメイトであるロレンツォ・バンディーニは右側に見えます

幸いなことに、ルイジ・キネッティはステアリングを握っても才能を示しました。1931年には5,000マイルを33時間6分28秒で走破し、スピード記録を樹立しました。平均速度は150.9 km/hでした。耐久レースでも勇敢さを発揮し、 1932~1934年の間に、ル・マンに3回出場して2度の優勝と2位を獲得し、世界で最も危険なレースと言われたカレラ・パナメリカーナにも参戦、またパリ12時間レースでも2度の優勝を果たしました。


アメリカにいながら、必要なすべての新しいレーシング・フェラーリに手が届くようになったキネッティは、まず顧客のために競技用の跳ね馬を供給し、耐久レースに出場させることから事業を始めました。当日、最高の結果が得られるよう、正真正銘のレーシング・ドライバーを起用することも珍しくありませんでした。

F1と耐久レースの両方で勝利を収めれば、NARTはフェラーリにとって完璧な広告になるでしょう

1950年代後半、キネッティが独自に北米レーシング・チーム(NART)を設立したのは、当然の成りゆきでした。ロゴには跳ね馬があしらわれ、その上にアメリカの国旗、下にはN.A.R.T.という略号が刻まれていました。


フェラーリにとって、NARTは理想的な広告塔となりました。1961年にはセブリングで7台ものNARTがエントリーしました。大音量を発する鮮烈なレッドのマラネッロ発のパフォーマンスカーに、アメリカ人は熱中していました。


しかし、耐久での多数の勝利と表彰にもかかわらず、最終的にNARTを世界の舞台に向けて後押ししたのは、エンツォ自身でした。1964年、FIAとの仲違い後、フェラーリは思いもよらぬ行動に出て、FIAの競技ライセンスを返上し、もう二度とイタリアのレッドでレースに参戦することは絶対にないと宣言しました。実際、少なくともこのシーズンの最後の2つのF1 GPレースでは、その通りになりました。

アメリカGPでのレースを控える中、ヨーロッパで158をテストするジョン・サーティース

最後から2戦目のアメリカのワトキンズ・グレン・サーキットで、キネッティはすべてのフェラーリをNARTのブルーとホワイトに塗装し直し、メキシコの最終戦でも同様にしました。イギリス人のジョン・サーティースがブルーとホワイトのFerrari 158でフィニッシュしたとき、サーティース自身はドライバーズ選手権で優勝し、フェラーリはコンストラクターズ選手権で優勝しました。


残念ながら、どんなに良いことでも、終わりが来るものです。スクーデリアはレッドでレースに復帰することになりましたが、その後数年間、耐久レースは観客が減り、もっと手軽で身近なF1レースの世界に観客が集まるようになりました。キネッティは、美しい最後のマシンとなるファクトリービルトの275 GTS4 NART Spider によって花道を飾りましたが、これも1980年代には終わりとなりました。


しかし、キネッティは立派な業績を残しました。アメリカ人はフェラーリに夢中になりました。日曜の午後の光のもとで、ルクレール/サインツ組が躍進する光景を、アメリカ中が固唾を飲んで見守ることでしょう。

06 maggio, 2022