1975
1976

見事なオートマチック

初のオートマティック・フェラーリ

見事なオートマチック
ポッドキャストを再生
512 BB
312 T2
400 GT
400 Automatic
1977
見事なオートマチック
1976見事なオートマチック
00:00
各種の瞬間ガレージ
1947
1947初勝利
1948166 MMのデビュー
1949ル・マン勝利
1950
1950赤のミッレミリア
1950F1デビュー
1951F1初勝利
1952マルゾットのモナコ優勝
1952アスカリの勝利
1953スポーツカー選手権
1954最後のパンアメリカン
1954パリのクイーン
1955クーペのレディ
1956チャンピオンファンジオ
1957CALIFORNIA DREAMING
1957最後のミッレミリア
1958優美なチャンピオン
1959米国に挑む
1960
1960シリーズ開始
1961赤の独占
1962マスターピース
1963ル・マン、イタリア
19642つの世界のヒーロー
1965タルガで勝利
1966至宝の365 P
1967伝説のゴール
1968勝利への賛辞
1968アルゼンチンタンゴ
1969タスマニアのディーノ
1969ヨーロッパのマスターズ
1969新しいパートナー
1970
1970512 Sの奇跡
1971365 GT4 BB
1972312 P全勝
1972ホームサーキット
1973DINO 308 GT4が到着
197450回目の熱狂
1975チャンピオンのラウダ
1975初回
1976見事なオートマチック
19772回目のニキ
1978故郷で才能開花
1979シェクター世界一
1980
19808気筒エンジンを搭載した4シーター
1981モナコでターボが優勝
1982無敵の308 GTB
1983オープエアの楽しみ
1984フェラーリ初
1984スタイルの傑作
1985328、最後の舞台
1986米国の脅威
1987エンツォの夢
1988別れの日
1989マンセルのギア
1990
1990F1GP 100 勝
1991アイコンの進化
1992クラシックGT
1993クライアント専用
1994究極の洗練
1995F1ロードカー
1996シューマッハ初
1997革命的なギアボックス
1998スピード・フォルム
1999頂点に復帰
2000
200021年後
20012回目の世界タイトル
2002創業者への敬意
2003追悼アニエッリ
2004制止不能
2005SUPERAMERICAの魔術
2006エクスクルーシブXXプログラム
2007キミ、逆転王者
2008再びチャンピオン
2009ベンチマーク・カー
2010
2010赤のファン
2011全天候型FF
2012性能とデザイン
2013究極の革新
2014究極
2015未来に向かって
201670周年の象徴
2016株式市場の上場
2017祝!70周年
2018セルジオとの別れ
2019異なるオーナーには異なるフェラーリを
2020
2020優れた回復力を発揮するブランド
2021大きな変化の年
1976ニキからジョディーへ

見事なオートマチック

初のオートマティック・フェラーリ

1976年のパリモーターショーにおいても、それまでと同様に新しいフェラーリが発表されました。マラネッロは人々を驚かせる術を心得ていたことから、ニューモデルに期待を寄せる人々は、いつもその登場を心待ちにしていました。フェラーリのニューモデルは、デザイン、パフォーマンス、先進技術の点で異彩を放っていたのです。

見事なオートマチック

パリで発表された新しい400シリーズは、365 GT4 2+2の後継モデルとして登場したもので、ピニンファリーナのスタイリングはほぼそのままに、ノーズの下部に設置されたフロントスポイラーやリムに若干の変更が施され、ラジエターグリルの跳ね馬が外されました。そして内装には、よりラグジュアリーな雰囲気を演出できるデザインを採用。エンツォ・フェラーリが この車を「イブニングドレスをまとったGT」と呼んだことからも分かる通り、その風貌にはエレガンスが漂っていました。オートマチックトランスミッションを搭載した新しいモデルは400 Automaticと呼ばれ、400 GTにはマニュアルトランスミッションが踏襲されました。モデル名の数字は、総排気量が4,823㏄となったエンジンの1気筒あたりの排気量を表しています。

オートマチックトランスミッションが採用された以外にも、長い全長ときわめて広い室内空間が特徴でした。先代の12気筒モデルは適正コストをオーバーしたとして米国での認可を受けることができず、同国での販売を見合わせることとなってしまいましたが、この車は米国でも認可を受けています。エンツォ・フェラーリは、彼の友人ルイジ・キネッテイが米国で自動車の販売を開始以降、北米市場に大きな関心を寄せていたため、同市場での販売を目的としてこのニューモデルを特別に製作したのです。しかし、そうした経緯にもかかわらず、アメリカ国内では中古車市場を除き、正式に市販されることはありませんでした。

一方、英国においては、右ハンドル仕様車が非常に大きな成功を収めています。エンツォ・フェラーリは、フェラーリファンのマインドに刻まれたスポーツオンリーという画一的な考えを払拭したいと考え、それを実現できるモデルを発表すべく果敢に取り組んだのです。当時は、フェラーリの原点であるレースの世界にオートマチックトランスミッションが取り入れられることなど、現実的にはあり得ないと考えられていました。当時は、フェラーリの原点であるレースの世界にオートマチックトランスミッションが取り入れられることなど、現実的にはあり得ないと考えられていました。

見事なオートマチック

1976年の傑作