Ferrari

「フェラーリ・テーラーメイドの芸術」 

東京 22 10月 2018

フェラーリ・ジャパンは22日、イタリア大使館に300名強のゲストを招待し、フェラーリ・テーラーメイド・プログラムの特別イベント「フェラーリ・テーラーメイドの芸術」(“The Art of Ferrari Tailor Made”) を開催しました。会場には、跳ね馬を愛するフェラーリ・オーナーの皆さまをはじめ、ファッション、建築、クリエイティブの世界から、東京を牽引するアーティストたちが集まり、特別な夜を楽しみました。

フェラーリ・テーラーメイドは、お客様のユニークな個性やスタイルと完全にマッチした唯一無二のフェラーリを仕立てることを目的とした、エクスクルーシブなパーソナライゼーション・プログラムです。今年の9月にマラネッロに完成したばかりの新スタイリングセンター(Centro Stile)内につくられた新しいテーラーメイド&アトリエエリアでは、フェラーリのDNA - 革新、エレガンス、テクノロジー、伝統、クラフトマンシップ、そして情熱がさらに反映されたパーソナライゼーション体験が可能となりました。

Ferrari has created nine special Tailor Made cars for Japan, and the piece of arts created under the nine different themes were displayed all together on this special occasion. The themes inspired by the land where innovation, tradition, and aesthetics were dedicated to Ferrari GTC4Lusso T, the sporty and versatile V8-engined four-seater car that is great for every day driving as well as for weekend getaways, alone or in the company of three lucky passengers.

The evet took place at the Embassy of Italy in Tokyo, the utmost venue in the heart of Tokyo, to perfectly showcase the exclusive Tailor Made programme and Italian craftsmanship, elegance and design. Thanks to the Ambassador of Italy, Mr. Giorgio Starace, the Tailor Made cars were displayed inside the Embassy and blended into the beautiful architecture. Whilst Yusuke Iseya, the Japanese actor/creator joined and enjoyed dialogue on Tailor Made, the Undersecretary of State for Economic Development, Mr. Davide Crippa and the Ambassador also attended the evening and celebrated Made in Italy.

このウェブサイトでは、閲覧時に最高の体験が得られるようにするために、クッキーを使用しています。このウェブサイトでは、閲覧者に合わせてカスタマイズした宣伝用メッセージを送るために、第三者のクッキーを含め、クッキーを使用しています。 詳細については「クッキーポリシー 」のページで、このサイトで使用しているクッキーについての情報をご覧のうえ、使用したくないクッキーが存在する場合は、該当するクッキーの設定を変更して無効化してください。このサイトの閲覧を続けると、すべてのクッキーの使用に同意したものと見なされますので、ご注意