フェラーリS.p.A. - すべての技術はF1から〜エアロダイナミクス

Focus On

エアロダイナミクスの飽くなき追求


エアロダイナミクス高性能車が動力性能の目標値を達成した上で、さらに向上する鍵を握っているのは空力です。フェラーリがロードカーの設計とスタイルを決める際に、F1レースの経験を有効に活かして空力に特別の注意を払うのはそのためです。

空力に関して言えば、現在に至るまでのフォーカスポイントは、抵抗を増やすことなくダウンフォースを増し、ブレーキング時やコーナリング時のグリップを高めることにありました。エアダム、スポイラー、ウィングといった空力パーツをつけた場合は別として、ボディの上半分というのは揚力を発生する形状をしています。したがってロードカーで相応のダウンフォースを得ようとすればアンダーボディを工夫するしか方法はありません。

可能な限り大きなダウンフォースを生むには、クルマのアンダーボディをフラットにすることが必要となります。さらにリアにディフューザーをつけることで、車体下部の空気の流速を速め、マスフローを増やすことが可能となります。フェラーリが初めてダウンフォースを生むための試みを実施したのはF355でした。このときはアンダートレイを装着し、メカニカルコンポーネントを部分的に覆い、リアに2本の長いディフューザーチャンネルを設けています。

最初の試みからフロア設計は着実に進歩し、360モデナのアンダーボディは完全に覆われたました。ほかに、フロントホイール前方にもディフューザーが加わってトータルのダウンフォースが増え、空力面での適正なバランス取りが図られています。

フェラーリのロードカーのボディは最小の揚力と最小の抵抗を理想とする空力面と、エレガントなスタイルの両面が求められます。そしてこのふたつを満たすのは容易な仕事ではありません。エキサイティングなボディと “風が作ったシェイプ”とは一致しないことが多いからです。

599ではリアクォーターピラーとリアウィンドウの間に隙間を設けていますが、これなどは空力とスタイルとを完璧に融合した好例だと言えるでしょう。リアクォーターピラー後端部にスロットを開けることにより空気の流れがリアボディ面に張りつくのを防ぎ、なおかつ流速をスローダウンさせることができるのです。こうすることで揚力と抵抗を減らし、スタイリング的にも理想のデザインを保つことができました。

これまでフェラーリのエンジニアにとって主たる焦点はダウンフォースを増やしつつ、抵抗をコントロール下に収めることにありました。これからは、現在の抵抗値を大幅に減らし、なおかつあらゆる部分でダウンフォースを増やすことが求められるでしょう。

この目標を達成するため、フェラーリの空力エンジニアは抵抗を増やす部位の特定に注力しています。

Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストアへ

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップについて。

Latest news

11 Apr 2014

4月11日、イタリア・マラネッロ発 今朝、フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長とルチア・ブルシ、マラネッロ市長の両名が、新装なったムゼオ・フェラーリ本館を正式にオープンさせました。

08 Apr 2014

イタリア・マラネッロ発 フェラーリは、従業員に支給する2013年度のボーナスが同社の歴史上、最高の4,096ユーロとなることを発表しました。

07 Apr 2014

ドイツ・ウィースバーデン発 金曜日、ドイツ全土から訪れた400人の熱心なゲストの方々がフランクフルトの中心地で開催されたナショナルプレミアでマラネッロの最新モデル「カリフォルニア T」を...

04 Apr 2014

バーレーン・マナマ発 本日夜、マナマのリッツ・カールトン・ホテルにおいて、「458スペチアーレ」のお客様に向けての発表会が行われました。

27 Mar 2014

イタリア・マラネッロ発 アラブ首長国連邦、ドバイ・インターナショナル・フィナンシャル・センターで開催された「フェラーリ・カリフォルニア T」の発売会は大成功を収めました。

25 Mar 2014

イタリア・マラネッロ発 ロブ・レポート誌の編集者、および特別なロブ・レポート・クラブのメンバーからなるゲスト審査員の “満場一致”という前例のない決定によって、「フェラーリF12ベルリネッタ」が...

24 Mar 2014

3月24日、イタリア・マラネッロ発 ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長の下、フェラーリの株主総会が招集されました。

18 Mar 2014

イタリア・マラネッロ発 チェコのデザイン雑誌 「AutoDesign & Styling」 は、「ラ フェラーリ」を「スポーツカー&コンバーチブル」 部門の最優秀デザイン賞、およびプロダクション・カーに

18 Mar 2014

このたび、コレンタイオ・コーナーの改修作業が予定通り終了しました。ムジェッロ・サーキットの最も壮観なコーナーのひとつ、第12コーナーのエスケープロードが拡張されました。

15 Mar 2014

イタリア・ムジェッロ発 シリーズ初開催となったイタリア・ムジェッロ12時間耐久レースにおいて、AFコルセ・チームの「フェラーリ458」が見事な勝利を収めました。

14 Mar 2014

イタリア・ムジェッロ発 201年シーズン開幕を告げる国際的な12時間耐久レースが、トスカーナ地方のムジェッロで開催されました。2日間におよぶ同レースの初日は、見応えある第1レースが行われました。

13 Mar 2014

イタリア・マラネッロ発  インベストインダストリアル社傘下にあるポルトアヴェントゥーラ・エンターテインメントS.A.U.は、スペインのバルセロナ郊外にある...

11 Mar 2014

イタリア・ムジェッロ発 ムジェッロの2014年シーズンは、国際的な耐久レースで始まります。

05 Mar 2014

スイス・ジュネーブ発 ジュネーブ国際モーターショー開幕2日目のフェラーリのスタンドは、最新のAppleインフォテイメントを試そうと、世界で初めて CarPlayを搭載した「FF 」に...

05 Mar 2014

スイス・ジュネーブ発 ジュネーブ国際モーターショーの2日目、会場は「フェラーリ・カリフォルニアT」に再び人々の目が集まりました。

05 Mar 2014

ムジェッロ・サーキットは、交通安全教育および交通規則を遵守する重要性を伝えるための役割を果たし続けています。

04 Mar 2014

スイス・ジュネーブ発 CarPlayという、車内で最もスマートかつ安全にiPhoneを使用できるCarPlay搭載のフェラーリ「FF」がジュネーブ国際モーターショーでデビューしました。

04 Mar 2014

「フェラーリ・カリフォルニア T」は、崇高な優雅さ、スポーツ性、多様性、また、エクスクルーシビティ(特別性)といった1950年代以来のすべてのカリフォルニア・モデルの特徴である要素を継承したモデルです。

03 Mar 2014

スイス・ジュネーブ発 明日2014年ジュネーブ国際モーターショーにおいて、V8エンジンを搭載した新型「カリフォルニアT」がデビューを飾ることとなり、イベント中大きな注目の的になるだろうと予測されています。

03 Mar 2014

イタリア・マラネッロ発 ジュネーブ・モーターショーが明日から開催されますが、フェラーリが発表することになっている新型「カルフォルニア T」は、すでにこのショーのスターになると予想されます。

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved