「フェラーリ 250 GTO」オリジナル車輌36 台のうち5台がフェラーリ・クラシケへ

「フェラーリ 250 GTO」オリジナル車輌36 台のうち5台がフェラーリ・クラシケへ

1 月 10 日、イタリア・マラネッロ発

近年クラシックカーの価格はヒストリック・フェラーリ車輌への人気が高まる中、上昇する傾向にあります。その結果として、フェラーリの社内スペシャリスト部門であるフェラーリ・クラシケへの鑑定やレストアの注文が急増しています。

現在、ファクトリーのワークショップに36台のオリジナル車輌のうち少なくとも5台の「250 GTO」が持ち込まれています。これは1962年から1964年の間に製造された車輌で、相対売買セールスでは記録的なプライスを達成しています。これは現在改修中のクラシケ部門のガレージに並ぶ歴史的に重要で高い価値を持つ24台のヒストリック・フェラーリのごく一部に過ぎません。

 「250 GTO」の他には2台の「250テスタロッサ」があり、そのうちの1957年型の車輌はフィル・ヒルがステアリングを握り1958年のル・マン24時間で優勝したモデルです。また、わずか32台しか製造されなかった「250 LM」も3台がここに並んでいます。その他の重要なモデルとしてはショート・ホイールベースの「250 GTベルリネッタ」が3台、1956年型「500 TR」が1台、それに1971年のル・マン24時間で総合4位に入賞した「512M」があります。

 現在までにクラシケ部門は60台以上にもぼる車輌のフルレストアを完了させました。その中には国際的なコンクール・デレガンスで優れた成績を収めたモデルも含まれています。また3800台以上の車輌に鑑定作業を実施し、認定書を発行しました。フェラーリにある当時の設計図や金型の利用が可能なため、クラシケ部門は数多くの歴史的なエンジン・パーツを新たに鋳造しています。その中には25基のV12シリンダー・ブロックや、それとほぼ同数のシリンダー・ヘッドも含まれ、レストアを依頼された車輌をオリジナル・スペックに戻す際の作業に役立っています。

 フェラーリ・クラシケの様々なサービスによって、現在のフェラーリ・コレクターの方々はもっとも正統的なレストアを受けられるようになりました。所有されているヒストリック・モデルをファクトリーからデリバリーされた当時の新車の状態にまで復元できるのです。


関連ニュース

12/6/2012 「フェラーリF12ベルリネッタ」、BBC Top Gearマガジンの「スーパーカー・オブ・ザ・イヤー 2012」を受賞

マラネッロ発 フェラーリは、世界でもっとも有力な自動車雑誌のひとつ、BBC Top Gearマガジンから、今回は「F12ベルリネッタ」が「スーパーカー・オブ・ザ・イヤー 2012」を受賞しました。

 

Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストア

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップ

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved