設計思想とスタイリング

スタイリングと空気力学

ピニンファリーナの手によるFFのスタイリングは、あらゆる意味において斬新です。モダンで革新的、未来的、そして圧倒的にエレガント――FFのデザインは空気力学的な制約とデザイン・ルールの完璧な融合と言えるでしょう。しかし、詳細に観察するとFFの深い部分で他の車輌と異なるフェラーリのDNAを継承する特徴を見ることができます。これはFFがプランシングホースの伝統に沿ったラインでデザインされているというだけでなく、過去を断ち切ったその革新性にもよるものです。革命、またある人はそれを次なるミレニアム・トレンドへ向けての近代性の発展、自動車史に残るデザインの創造と呼ぶでしょう。

そしてまたFFのスタイリングはクラシックでもあります。この新しいプランシングホースは見事な流線型に包まれていますが、控えめながらフォルムに力感をハイライトする彫刻的なラインも有しています。コンパクトさ、絶妙なオーバーハング、柔らかく丸みを帯びたフォルム、そして印象に残る彫刻的なラインを合わせ持っているのです。まるで未来と過去の一体化によって実現したような史上最上のものが、この4シーター・モデルのユニークな構造とデザインに息づいているのです。FFは、いかなる天候や路面状態にも対応するスポーティー車輌として誕生したモデルです。

 実際、滑らかでエレガントなデザインへの欲求は、この車輌の途方もない空気力学的効率の重要な要素でした。シミュレーションと風ウィンド・トンネル実験によって車輌の外部、内部の空気の流れを最適化し、FFの動力・駆動系を可能な限り効率的に冷却しつつ、最先端の低抗力、高ダウンフォースの値を実現しているのです。この車輌の空気力学的効率は、抗力効率を示すCD値(0.329)とダウンフォース効率を示すCL値(0.200)の比率0.608というこのクラスの車輌で最高の数値データによっても証明されています。

 エンジンルームに導かれた空気を排出するサイドベントは、滑らかな曲線美溢れるボディ側面にアグレッシブな魅力を添えています。また、外部構造は流線型に仕上げられたエアロフォルムを採用しています。この車輌のフォルムと力感はミニマリズム、最小限主義のコンセプトによって方向付けられたものですが、エンジニアは常に機能を念頭に置きながら、細部まで入念に削ぎ落とすことで、この魅惑的でアグレッシブなラインを創り上げたのです。車体側面の空気の流れは、テールライト周りの曲線に沿って、ルーフと低抵抗を保証するノールダー上に流れる気流へと誘導されます。

 特に車両後部については、入念な空気力学的な解析とウィンド・トンエル実験が繰り返し実施されました。リア・ランプ横のエア・ベントはホイールアーチ周辺の風圧を低減するとともに、ベースブリード効果によって乱流の発生を制御します。バンパーに設けられた2つの空気排出口は車輌側面に沿った空気の流れを狙ったポイントで分割して乱流のサイズと減圧を最小限に抑える働きをします。リアディフューザーはアンダーボディを流れる空気の排出を最適に保持しますが、ここには3つの経路と2つの新機構が設けられています。ひとつはエアロフォイルと呼ばれる翼で、センター・チャネルに設けた微細なカーブが車体後部からの空気の排出量を増大させ、ダウンフォース量を増加させます。もうひとつの新機構はサイド・チャネルに設けられた凹状のカーブで、負圧エリアをアンダートレイの全幅にわたって形成されるべく設計されたものです。さらにまったくの新機構として採用されたのはFFのシャシーで、コクピットの高い快適性とスペース効率、そしてさらなる安全基準(2015年)を満たすべく設計されています。この技術は新世代シャシーの新たな基準となっています。

 シャシーは基本的にはスペースフレーム構造ですが、近年のフェラーリ車同様に、素材はアルミニウムを採用しています。異なる合金を適所に採用することで部材のメリットを最大限に生かし、性能と重量、両面での改善を図っています。また、構造体の剛性向上と軽量化のために中空キャストによる接合法も導入しました。新シャシーのデザインはボディーワークとも密接に関連して進められ、各パートにおける部品点数を最小に抑えることに成功しています。ボディシェルの構造部材は主に押し出し成型と鋳造成型によって構成されています。この結果、FFのシャシーは前世代シャシーと比較して10 % 軽く、ねじり剛性は6 % 向上しています。



Gallery exterior

 
Gallery exterior
The FF’s technological excellence shown in exclusive images of the first four-wheel drive car from Maranello in action under special road and weather conditions.

Gallery in the studio

 
Gallery in the studio
A close look at the FF with an exclusive series of images taken in the studio.

Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストア

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップ

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved