設計思想とスタイリング

 

設計思想とスタイリング

長いボンネット、やや後方寄りにあるキャビン。ピニンファリーナはカリフォルニアをデザインするにあたり、フェラーリの伝統をふんだんに盛り込んだボディをつくりだしました。ボディ・サイドには躍動感あふれるラインが走り、ドアハンドルの位置で頂点に達すると、そのまま個性あふれるリアバンパーにまで到達します。加えて、フェラーリの伝統ともいえる大きなグリルが、フロントバンパーとそのエアインテーク周辺を引き立てています。ちなみにボンネット上の控えめなエアインテークとサイドに設けたエアベントは1957年に登場したカリフォルニア250に由来するものです。

エクステリア

機能と外観、二つの魅力

機能性と美の追求。オープンとクーペ。あらゆる角度から楽しむことのできる新しいスタイルの+2。

インテリア

実用性を追求

4名の乗員とその荷物を楽々と積め、多様化するライフスタイルに適応すること。パッケージング開発に対する要求でした。

Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストアへ

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップについて。

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved