GTカー生産部門

GTカー生産部門

生産部門の全容

軽合金製造工場 

軽合金製造工場はヨーロッパで最も洗練された設備を誇ります。エンジンの製作はここから始まります。

エンジン最終仕上げエリア

軽合金製造工場で作られたエンジンパーツにさらに磨きをかけ、完成させる場所です。

エンジン組み立てエリア

8気筒用と12気筒用、2本の組み立てラインが並行しています。

塗装エリア

フェラーリとマセラティ用の塗装エリアは、ヨーロッパで最も先進的な設備を整えています。

 

実験部門

プロトタイプを開発し、そのパフォーマンスをテストする部門です。

風洞実験施設

フェラーリの風洞実験施設はレンゾ・ピアノがデザインした、世界でも最も先進的な建築です。

組み立てライン

ジャン・ヌヴェルによって考案された組み立てラインは、フェラーリのプラントのなかで最も新しい施設です。

スカリエッティ工房

モデナにあるスカリエッティ工房では、ボディとシャシーが製作されています。

フォーミュラ・ウォモ

優れた環境が高いクオリティを生みだす

高いクオリティを持つ製品を創造する源は優れた労働環境にある。こうしたルカ・ディ・モンテゼーモロ会長の信念のもと、1997年、フェラーリは“フォーミュラ・ウォモ”プログラムを導入しました。以来、可能な限り最良の職場環境を実現するプロジェクトに取り組んでいます。

Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストアへ

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップについて。

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved