レーシング部門

レーシング部門

施設の全容

スクーデリア・フェラーリ
スクーデリア・フェラーリ・センターは、ステファノ・ドメ二カーリ率いるジェネラル・マネージメントを含めたF1部門の拠点です。同時にこのビルにはスポーツ・ディレクション、ロジスティックス、マネージメント・コントロール、人事部門、販売オフィスとインフォメーション・システム部が含まれています。シャシー部門とエンジン・アセンブリー部門も、プランニング&テクニカル・オフィスとともにここをベースにしています。ふたつめのビルに入るのはエンジン・アセンブリー部門、トランスミッション部門、油圧制御&車体組み立て部門。ここではレーシングカーのアセンブリーが行われ、同時にテスト・トラックに運ぶ前のチェックが行われています。
ワークショップでは開発中のエンジンのテストが行われます。

車体製作エリア
コンポジット・エリアはF1マシンを専門に担当する場所です。車体が製作されるほか、レーシングカー用のカーボンファイバーもここで製作することになります。ここではシーズン中、エアロダイナミクス関連パーツの交換も行われ、フェラーリの施設のなかでも最先端のテクノロジーを開発する部門として知られています。ということは同時に、企業秘密を抱えた部門ということでもあります。

スクーデリア・フェラーリ・メカニック・チーム
ここではF1マシンのシャシーとエンジンをプロデュースします。なかでもトランスミッションと冷却システムは専売特許。ここで製作されたすべてのパーツはチェックを受けた後、レーシグングカーにマウントされます。

物流部門
フィオラノ・サーキットとGESの間に置かれたロジスティックは、F1チームがGPに参戦するにあたって必要となる物流を一手に引き受けます。30トンにも及ぶ用具、90人の技術者、メカニックと関係者をレースからレースへとトランスポートする手はずを整えるのです。この部門には、何よりも作業を円滑に、合理的に進めることが求められています。飛行船を想わせる、コンパクトでメタリックなビルは、ロジスティック部門が扱う膨大な事務作業を考慮してデザインされています。ワークスペースは作業に応じて融通がきくような体制になっており、快適な作業ができる職場環境を整えることはビルをデザインするにあたっての最優先項目でした。



F1用風洞実験施設
1998年に完成した風洞実験施設の設計はイタリアで最も著名な建築家のひとりであるレンツォ・ピアノが手掛けたもの。ここでは65%および1/1スケール・モデルを使った実験が行われます。
空力性能の測定とデータ収集に関しては最もモダンで洗練されたシステムが採用されており、作業はアナログとデジタルの両方で行われます。テスト用の強い風は出力2000kW、直径5mのファンから生まれます。

フィオラノ・サーキット
マラネロ工場の近くにフィオラノ・サーキットが完成したのは1972年のことでした。
テレビジョン・システム、テレメーター、クロノグラフを採用したこのクローズド・サーキットは、フェラーリのF1マシンとGTカー、そしてマセラティのテストに使用されています。
当初のサーキットの全長は2948.50m。1996年にはシケインが増設され、2976.41mにまで延長されています。
フィオラノのデザイナーは、F1が開催されるさまざまなコースを再現しようと試みました。また、タイア開発用の特別なコースも設置しています。2001年から翌年にかけては、わずか数分でコース全体に水を撒き、さらに余分な水分を吸収するシステムが採用されました。シェルが開発したカリファリート・グランプリ・ビテュマンによってアスファルト路面がアップグレードされたことが最近のトピックです。これによってグリップ力が高まり、水はけが良くなりました。

かつて、中心部のビルは故エンツォ・フェラーリのオフィスでした。現在でもオフィスは残されていますが、ロフト・スペースはドライバーのトレーニング場にあてられます。またサーキットには80席のスタンドが用意されているほか、ガレージ・スペースも確保されており、悪天候の際にもスムーズに作業が進められるようになっています。
2002年、物流部門のオフィスとワークショップを増設しました。ここはフォーミュラマシンの輸送の手はずが整えられる場所で、マシンを積載するトラックのスケジュールもここで管理します。

Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストアへ

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップについて。

Latest news

25 Jul 2014

イタリア・マラネッロ発 4カ月乗っている人も、4日間しか乗っていない人も、「FF」に対する評価は同じです。

08 Jul 2014

イタリア・マラネッロ発 マラネッロを訪れたヤマハのMotoGPライダー、ホルヘ・ロレンツォにとって、その日の朝は特別でした。

05 Jul 2014

マラネッロ発 「ラ フェラーリ」をドライブしたことのある方はほんの一握りのお客様とジャーナリストの方だけです。

03 Jul 2014

イタリア・マラネッロ発 映画『スター・ウォーズ』の生みの親として知られる映画監督兼プロデューサーのジョージ・ルーカス氏と、俳優のサミュエル・L・ジャクソン氏が...

26 Jun 2014

イタリア・マラネッロ発 フェラーリはフェイスブックのファン数が1,500万人に達したことを記念してスペシャルプレゼントをご用意しました。

25 Jun 2014

ドイツ・シュトットガルト発 フェラーリのエンジンが4年連続で、栄誉ある「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」における2つの部門で、最優秀賞に選ばれました。

22 Jun 2014

イタリア・マラネッロ発 90台のフェラーリがシチリアに集結して開催された第3回「フェラーリ・カヴァルケード」にて、ワンオフ ・デザイン「F12 TRS」がオフィシャル・デビューを飾りました。

19 Jun 2014

イタリア・マラネッロ発 ヴァル・ドルチャ(オルチャ渓谷)およびトスカーナの美しい町々を舞台に、「カリフォルニア T」 の国際メディア試乗会が実施されました。

11 Jun 2014

イタリア・マラネッロ発 今週、国際的なラグジュアリー・ホテルグループ、「シャングリ・ラ」が新たにフェラーリ・チャレンジのスポンサーとなったことが発表されましたが...

06 Jun 2014

6月6日、イタリア・モデナ発 カルピとモデナの両市は、ファッションおよびアパレル産業の分野で、製造と高い品質に幅広いスキルを持った能力のある専門家を...

03 Jun 2014

イタリア・マラネッロ発 本日から始まったアップルのWWDC (ワールドワイド・デベロッパーズ カンファレンス)にフェラーリが登場しました。

29 May 2014

イタリア・マラネッロ発 「フェラーリF12ベルリネッタ」は、歴史と最も名誉のある国際的なデザイン賞のひとつ、「コンパッソ・ドーロ(黄金のコンパス)」を受賞しました。

23 May 2014

イタリア・バナニャイア(シエナ)発 「カリフォルニアT」の国際メディア試乗会が本日、シエナの素晴らしい田園地帯にあるラ・バイニャイア・リゾートで行われました。

19 May 2014

イタリア・ブレシア発 「後方からフェラーリが走ってくるとき、リアビュー・カメラに小さな点が見えたと思う間もなく、突然大きく迫って来て...

16 May 2014

イタリア・マラネッロ発 明日はモデナの「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」にとって特別な日となります。「楽しさと芸術」の名のもと、モデナ市街全域で行われるオールナイト活動の...

15 May 2014

イタリア・モデナ発 世界的に有名な中国人アーティスト、劉勃麟 (Liu Bolin) 氏によるライブ・パフォーマンスがモデナの「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」にて...

12 May 2014

イタリア・マラネッロ発 5月10日土曜日にモンテカルロで開催されたこの春最大のラグジュアリーカー・オークションにおいて、フェラーリは記録的なプライスを達成しました。

12 May 2014

イタリア・マラネッロ発 最先端技術の研究開発の分野において、フェラーリが長年継続して専念してきた実績に対してMITテクノロジー・レビュー誌から評価され...

08 May 2014

スペイン・バルセロナ発 世界中の誉れ高いブランドから30名余りの代表者がフェラーリの招待を受けて、ポルトアヴェンチュラに集まりました。

06 May 2014

イタリア・マラネッロ発 フェラーリは、毎年ビークル・ダイナミックス・インターナショナル・マガジンがその年の自動車産業界における...

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved