ダイナミクス&パフォーマンス

ダイナミクス&パフォーマンス

フィオラーノ・サーキットでのラップタイムは1分23秒、加速は0-100km=3.1秒、0-200km=8.5秒を記録するF12ベルリネッタは、フェラーリ史上最速のハイ・パフォーマンスカーです。パフォーマンスの頂点を追求したデザインながら、スムーズで直感的ドライビングをお約束します。F12ベルリネッタの独特なハンドリングは、サーキット走行に限らず、いかなる速度域でも自信を持ってドライブできるハンドリング特性を提供します。これは開発の多くの部分を、車輌レイアウトに注いだことによるもので、たとえ低速であっても、俊敏さと反応性の面では大きな進化を遂げています。これまでのミッド‐リア・エンジン車を思わせるキャラクターと言っても過言ではありません。加えて、スプリングやダンパー、ホィール、タイヤ、E-Diff、トラクション・コントロール(F-1Trac)、スタビリティ・コントロール(ESC)のような横揺れコントロールシステム、ABS/EBDといったトルクを移動させる補助ブレーキシステムなど、最高技術で開発されたすべての車輛サブ・システムが、快適な居住性を犠牲にすることなく集約され、F12ベルリネッタのパフォーマンスを余すことなく実現します。

最新技術の新型カーボンセラミック・ブレーキング・システム(CCM3)には、リアパッドに新素材、フロントにアクティブ・ブレーキング・クーリングというフォーミュラ1技術をロードカー用に最適化した冷却システムが採用されています。これによってブレーキのフェード現象を解決、制動距離を飛躍的に短縮しました(時速200kmから131m、599と比較して7mもの短縮)。F12ベルリネッタは、フロントがロア・Lアーム、リアがマルチリンクという伝統的なダブル・ウィッシュボーン・サスペンションレイアウトを採用。また、ツイン・ソレノイドの新SCM-E磁性流体ダンパーや、最新ソフトウェアの電子コントロール・ユニット(ECU)も搭載しています。このシステムは、ダンパー内に発生する磁界を電子的に制御することで、オイル粘土を可変させて減衰力をコントロールするものです。より素早い反応時間とより正確な入力制御が可能となり、性能と乗り心地の双方を向上させています。このようにF12ベルリネッタは歴代のどの市販フェラーリをも凌ぐ加速性能を備えています。レイトブレーキング、素早いターンイン、よりハイスピードでのコーナー進入、そしてコーナーからの加速など、ドライバーに圧倒的なドライビング・プレジャーをもたらします。またF12ベルリネッタは、コーナリング中のステアリング操作を最小限に抑え、コーナーの立ち上がりではより優れたトラクションを発揮します。制動距離も短縮されました。



Ferrari Approved

フェラーリ認定中古車プログラム

FerrariStore.com

フェラーリ・ストア

Ferrari Genuine

純正パーツとアクセサリーについて。

Corse Clienti

チャレンジ・チャンピオンシップ

Ferrari S.p.A. - registered address via Emilia Est 1163, Modena (Italy) - share capital Euro 20.260.000 - VAT no. 00159560366
Enrolled in the register of companies of Modena under no. 00159560366 - Copyright 2014 - All rights reserved